日々のこと 狛江子育て

猛暑に利用したい!ビッグホップとファンタジーキッズリゾート初体験レポート

投稿日:

狛江在住ですが、、、結婚式で千葉へ行き、宿泊、

翌日に子持ち友人お勧めのモール「ビッグホップ」へ行ってきました。

 

 

本当はアンデルセンパークに行く予定だったのですが、

親の疲れ具合ーー;;と暑さと帰りの運転、、という大人の事情で

「小さな子連れでも快適に過ごせるよぉ」と言う友人のアドバイスでビッグホップに行ってきました。

お勧めポイントは

  1. モール内には遊具がたくさん
  2. 観覧車でちょっと遊園地気分が味わえる
  3. 屋内遊園地、ファンタジーキッズリゾートが快適

 

季節外れの暑さだったので、このモール作戦は成功!笑

子供は身体動かして遊びつつ、大人は快適にゆっくりできました〜。

モールの大人の買い物を期待していくとNG!

空き店舗が多く、店舗は寂しげな印象。。出展している店もファミリー向けの店舗が多いです。

 

子供を身体を使って遊ばせつつ、親は楽したい、、って時にはお勧めです^^

 

モール内は子供が喜ぶ遊具がたくさん

横浜こどもの国で大混雑していたフワフワドーム。ここは十分なスペースで跳ねれます

幼児にちょうどよさそうな遊具 下はクッション性があるので転んでも痛くない

アスレチック遊具

ジャングルジムの紐版!?ザイルクライミング

長女8歳は軽々とてっぺんへ

なぜか恐竜。。

恐竜トンネル

恐竜トンネルの中には恐竜の絵が

高さ50メートル。ランドマークの観覧車。

1人500円

恐竜が口を開けるのをドキドキして待つ長女次女。

「怖い!怖い!」と大騒ぎの長女次女。構わない三女。。

「あーーー」なぜが耳を塞ぎ出す長女次女。

「来たよ来たよ来たよ」

空気を読まず口を開かない恐竜。。たまに口を開くけど、タイミング合わず^^;;

「あれ!?口開けないじゃん。」怖がってたけど、残念そう。

観覧車から見下ろしたビッグホップと印西市の風景

屋台も少しでてました。

初、冷凍チョコバナナ。暑い時にはチョコがベタベタに溶けなくていい!!

 

初めてのファンタジーキッズリゾート

会員制の室内遊園地。

とありますが、遊園地のイメージよりも、遊び場という言葉の方がしっくり。

年会費350円で会員になり、利用できます。

我が家はタイムパックで一時間遊びました。

大人も子供も同じ料金。T T 一歳児も同じ料金。T T

私が子供3人連れて入り、主人がその間にモール内のスーパーで買い物、と役割分担。

 

ふわふわ遊具が面白い

大人もフワフワ遊具で遊べます!!

フワフワ遊具は大人NGで残念なことが多いけど、ここは大人もOK!!

子供と一緒に滑ったり、登ったり、ボールに埋もれたり、面白いです。

大人が滑るとスピードでます。。

フワフワ迷路!?

ボールハウス

都内と違って人が少ないからストレス無く遊べます^^;;

ドレスを自由に着てOK

撮影スペース

 

いろんなドレスや洋服がありますが、我が子達は興味示さず、着ませんでした。。

無料でできるゲーム機がいくつか。

何度もしてました。

 

ワニワニパニックやレース等、景品が出ない、ちょっと型の古いゲーム機が無料!?かな。

景品が出るゲームは有料でした。

これは100円でした

カードが景品

 

フワフワ遊具コーナーとゲームコーナーで遊んで一時間。

奥には飲食できるスペースや幼児も遊べるままごとコーナー、

幼児だけの遊び場、イベントスペース、マッサージチェアスペース等もありました。

多目的ルームでは料理教室や工作教室も開催されているそう。

 

猛暑や極寒で、大人は外が辛い、、

でも子供達が「どっか遊びに連れてってー!!!」って吠えてる時は行ってみるといいかも。笑

 

東京には武蔵村山店があるみたい。

ファンタジーキッズリゾートのホームページ

 

狛江から1時間程度。

もし、次回利用するとしたら、友人家族を誘って団体割引を使いたいかなぁ。

と思います。

 

 

モールのビッグホップ、調べてみると

"開業後わずか7ヶ月で開発・運営会社が経営破綻し、その後近隣に競合施設がオープンするなどしたため客足が伸びず、運営会社が次々と変わるなど不安定な経営が続いている。" wikipedia引用

 

空きテナントが多い訳ですね。

"客足が伸びず"ということで、小さな子供を遊ばせるには穴場で、お勧めです。

印西市在住の友人家族は週末よく利用している、とのことで、

小さな子供がいる家族にはもってこいの施設でした〜。

小坂ひとみに撮影してもいませんか?

写真・撮影に関する困りごとありませんか

女性プロカメラマン小坂仁都美の出張撮影、広告撮影、講師依頼、執筆、監修依頼等、ご相談ください。

-日々のこと, 狛江子育て

Copyright© Family History Photo , 2018 All Rights Reserved.