フィリピン 子連れバックパッカー

最高に美しいビーチ!ボホールビーチクラブ徹底レポート【子連れでフィリピン】

投稿日:

フィリピンをこよなく愛する3姉妹(8歳5歳1歳)の母、子連れバックパッカー。

目の前のホワイトサンドビーチはすんごい綺麗!

前回までの記事、

カビラオ島のカビラオサンクチュアリビーチ&ダイブリゾートから、

パングラオ島にあるボホールビーチクラブにやってきました。

 

ボホールビーチクラブは日本のメジャーなガイドブックにも載っているリゾートホテル。

11ヘクタール(東京ドームが2個すっぽり入る)の敷地、1.5kmのプライベートビーチ、もちろんプールもエンターテイメントも供えるリゾートホテル。

 

子供達も大満足のリゾートでした。

私も大満足ですが、88室有する大型リゾートだけあって、週末はちょっと騒がしい印象も。賑わっている、と言ったら賑わっている、なんですが。。

週末に騒がしくなったのが残念ポイントでした。

 

とは言っても、子連れにもオススメの美しいビーチリゾート!

10日間くらいゆっくりしたいー。www

ボホールビーチクラブ3泊の滞在を写真で徹底レポートします^^

 

最高に美しいビーチ ボホールビーチクラブ子連れ旅行記

ボホール島から橋で渡れるパングラオ島はきめ細やかな白い砂浜で有名。

私は独身時代に何度か行ったことがあって、その砂浜の感触を子供達と一緒にまた味わいたい!!と、パングラオ島でのホテルを探しました。

 

ボホールビーチクラブに決めたのは、1.5kmのホワイトサンドビーチ!!の美しい写真を見て。

以前一度滞在して良かった「アモリタリゾート」ホテルが満室でT T 第二希望でしたが。。

「アモリタリゾート」は静かなホテルでオススメです。

 

ウェルカムプレゼント&ドリンク

ウェルカムドリンク

柑橘系のジュース。

子供も飲み干しました。

カビラオ島同様、ボホールビーチクラブでも紙のストローでした。

プールサイドに運んでいただきました^^

ウェルカムおもちゃ!?

子供には子供の人数分プレゼントが!

一つ、だと必ず喧嘩になるので、人数分でよかった。

フリスビー、ビーチボール、防水スマホケース、発電式ライト、ハンドジェル、枕、ナップサック。

特にライトが大活躍!

夜の散歩で、喜んで使っていました。

握ると発電してライトがつくタイプなので、ニギニギして楽しんでました。

2泊目にも掃除後に置いてあり、合計6ついただきました^^;;

友人の子供にお土産であげました。。

 

女性へのプレゼント

チェックイン時に石鹸、ローション、ハンドジェル、UVクリームなど、それぞれ数種類から好きなものを選びました。

それが「パーソナライズレディースアメニティ」として届けられました!

女性へのサービスだそう^^

 

ボホールビーチクラブには日本人スタッフが常駐しているので、チェックインからチェックアウトまで、日本語でOK!

 

部屋とアメニティ

部屋のタイプはデラックスルーム80室とビーチビュースイート8室

滞在したのはデラックスルーム。

 

35m²

シングルベット一台とダブルベット一台。

エアコン、効きます。

テレビ、アニメチャンネルあります。

セーフティボックス、デスク、電気ポット、冷蔵庫、ドライヤー、スリッパあります。

Wi-Fi使えます。

寝るだけ、と思えば十分。

 

石鹸、歯ブラシ、シャンプー、あります。

お湯、でます。

 

子供が8歳5歳1歳でギリギリ、デラックスルームで滞在できるかなぁ 我が家はみんな女の子だからまだ良かったかな。

エキストラベットもオプションでつけてもらうことができます。

 

部屋を出るとガーデンが見えます。

 

スイートビーチビューは55m² でクイーンベット一台。

プール

 

深い大人用のプールと、浅い子供用のプールがあります。

朝の8時から夜の10時まで利用できます。

我が子は8時から夜の9時過ぎまで、フル活用していました^^;;

プールに滑り台や遊具はありませんが、

プール入ったり、ゲームしたり、ご飯食べたり、ビーチ行ったり、

全て近くにあるので、グルグル一日中楽しんでいました。

三女1歳はパラソルの下で。

フロントで購入した砂遊びセットが大活躍。

三女1歳はパラソルの下で、プールから水を運んできて遊んでいました。

朝一は貸切状態。平日は日中も混むことはありませんでした。

子供たちが入っているところがキッズプール。

長女8歳の腰くらいの深さ。

土曜日になると中国、韓国からの滞在者が増えました !

深い方のプール。

中国と韓国からは、ボホール島まで直通の国際便が運行するようになりました><

週末になると急に賑やかになりました。。

プールにはライフセーバーさんが常駐しています。

危ないことをしていたり、マナーを守っていない子供達にもしっかり注意してくださっていたので、安心。

 

ビーチ

来てよかったぁ!!!と思う、美しいビーチです。

遠浅!

ぜひ素足で堪能してほしい!

砂がとても細かいので、歩いた感触が他のビーチとは違います。

すごく気持ちいいのです!

プライベートビーチなので、1.5kmのホワイトビーチを貸切しているようでした^^

 

定番のハンモック

 

砂遊び

私も童心に帰って砂遊び。

ひたすら穴掘りました。

南国らしいヤシの木とロングビーチ♪

朝日と次女。フィリピンで購入したワンピース^^

朝日が見えるので、朝のお散歩がおすすめ。

清々しいです!!

サービスのグラスボート

宿泊者にはグラスボート乗車のサービスが付いてきます!

滞在中、好きなタイミングで一度だけ利用できます。

30分程度。

ボートの下がガラス張りになっていて、そこから珊瑚礁や魚を見ることができます。

マリンブルーの綺麗な海〜

子供は平気でしたが、私と旦那は下を向きすぎて!?か、若干船酔い。

気持ち悪くなりました><

あまり必死で覗き込むと慣れない大人は危険かも。

 

マリンアクティビティ

ダイブショップ併設

マリンアクティビティーは一通りあります。

朝8時から夕方5時まで。レンタルは4時半まで。

ダイブスポットもたくさん

ボホール島、パングラオ島はダイバーにも人気スポットです。

フィリピンはダイビングスポットだらけ!

 

食事、レストラン

朝食はビュッフェスタイル。

ずらっと並び、子供もワクワク。

サラダ、南国フルーツも。

パンの種類も豊富

ジャムやバターも豊富

フィリピン料理、フィリピンスイーツも。

肉料理。

オムレツは好きな具材を入れてその場で作ってくれます。

キッズコーナーまで!

あまーいお菓子がたくさん

開放的なレストラン。プールとガーデンとビーチが見えます。

ベビーチェア、あります。

レストランから見える風景

 

朝食ビュッフェはスープが無かったのが残念。

野菜料理が少なめです。

このレストランはインターナショナルレストランで、フィリピン料理から、アメリカン、イタリアン、あります。

 

もう一つはプールサイドにある、イタリアン専門レストラン。

パスタやピザ。

トロピカルなジュース。

レストランからプールサイドにも運んでくれます。

日本でも有名なフィリピンスイーツ、ハロハロもあります^^

ミニストップで有名になった「ハロハロ」

「ハロハロ」はフィリピンの言葉でごちゃ混ぜ、という意味。

カキ氷をベースにして、いろんな甘い物をごちゃ混ぜにしたスイーツ。お店によっていろんなハロハロがあります。

「おいし〜♡」

 

料理の種類は豊富で、どれもハズレがなく美味しかったです!!

夕食はインターナショナルレストランの方で3回食べました。

夕食の様子は次のエンターテイメントで。

エンターテイメント

インターナショナルレストランは毎晩、ライブ演奏や伝統的なダンスショーなどのエンターテイメントがあります。

知らなかったので、とても得した気分!

3日間、夜のショーを楽しみました^^

天気が良いと、ビーチ沿いのガーデンにテーブルが出て、そこで食べることができます。

気持ち良い〜

ダンスショーも始まりました。

すごく面白かったファイヤーダンスショー!

パフォーマーが火をふいて、

「恐竜みたい!!」と次女5歳。

観客のすぐ近くでファイヤーダンス!危険。。。ww

!!!めちゃ驚いた。。

「危ないから離れて!」とパフォーマーやスタッフが言うと、

なんと人間花火!?

見応え満点のショーでした。

 

 

別の日は伝統的なダンスショーも。

この日は天気が不安定だったので、レストラン内でのパフォーマンス。

ココナッツダンス!?

ココナッツで音を鳴らしてリズミカルにダンス。

けっこう激しい。

女性ダンサーが可愛いぃ

かわいいいい!!!

有名なバンブーダンスも。

次女5歳も真剣な眼差し

 

この日も見応え満点。

終始テンションマックスのダンサー達。

プロ意識高い!

大盛り上がりのショーでした。

最後はダンサー全員と記念写真が撮れる時間もあって、

家族で記念写真を撮りました^^

 

ボホールビーチクラブに出演するダンサーや音楽家はみんな地元住民の方々だそう。

プロ意識とサービス精神に感動しました!

 

ビール片手に海風浴びて、エンターテイメントショー。

料理は、手づかみしちゃうほど、美味しいよ。

 

他のエンターテイメントは、

任天堂のWiiができる施設もあります。

ゴロゴロしながらWiiができるスペース。

他には、利用しませんでしたが、ダーツ、卓球、トレーニングジム、

なんかもあります。

マッサージももちろん、あります。

 

気になる宿泊料金とかかったお金

滞在したのは2018年8月

デラックスルーム利用、朝食付き。

5人家族3泊の宿泊代

40,500ペソ(85,128円)

※内訳は1泊11,065.57ペソ。税が3,983.61ペソとサービス料が3,319.68ペソ

 

3泊中のホテル内での夕食3食、ランチ1食、ドリンク、軽食、マッサージ一回、帰りの空港までのタクシー、全て合わせて

9,300ペソ(19,548円)

※内訳はマッサージが600ペソ、帰りのタクシー代が600ペソ、残りの8,100ペソが飲食代。

5人家族が3泊してボホールビーチクラブに支払った金額は

合計 49800ペソ(104,676円)

 

でした!

奮発。

 

丁寧に手入れされているガーデン

 

 

子連れフィリピン旅行 ボホールビーチクラブ まとめ

我が家としてはちょっと奮発!でしたが、大満足^^

楽しい思い出がたくさん。

オススメポイントは

  • 最高に美しいビーチ
  • 美味しい食事
  • キッズプールあり
  • エンターテイメントあり
  • スタッフもみんな明るく親切
  • 日本人スタッフ常駐

注意ポイントは

  • 週末の滞在者増加に注意!

中国、韓国からボホール島への直通便が運行されたことによって、中国、韓国からの旅行者が増加しています。

週末を避けれるなら週末を避けた方が静かなリゾート滞在ができます。

 

子連れで海外旅行どこに行こうかなぁ、、

と考えているパパママの参考になれば幸いです!

 

ボホールビーチクラブへのアクセス方法と損しない予約方法は次の記事へ!

 

小坂ひとみに撮影してもいませんか?

写真・撮影に関する困りごとありませんか

女性プロカメラマン小坂仁都美の出張撮影、広告撮影、講師依頼、執筆、監修依頼等、ご相談ください。

-フィリピン, 子連れバックパッカー

Copyright© Family History Photo , 2018 All Rights Reserved.