【オンライン】スマホカメラ講座 全国から参加いただいています。 ↓↓

写真

iPhone 写真編集「ブリリアンス」の使い方を分かりやすく解説

投稿日:

カメラマンの小坂です。

スマホカメラ講座でいただいた質問。

iPhone編集画面の「ブリリアンス」とは!?

について、その効果をサンプルを見ながら書いていきます。

 

この記事は

・iPhoneの編集をいじっていて、「ブリリアンス」って何!?

・どういう写真に使うといいの!?

と疑問に思った方に向けて書いています。

 

私も質問受けるまで"何となく"使っていたのですが、AppleHPの写真ユーザーガイドをみて"なるほど"となりました。

 

iPhone 写真編集の「ブリリアンス」とは?

iPhoneの写真編集では、露出やコントラスト等が調整できます。

アップデートするたびに、編集できることがどんどん増えています。

 

その中で「ブリリアンス」とは?

AppleHPの写真ユーザーガイドをみると

とありました。

 

簡単に言い換えると

 

暗い部分を明るく、一番明るい部分を暗くすることで、写真全体の明るさを均等化し、

コントラストを追加する。

 

ということです。

サンプルを見てみましょう。

 

iPhone写真編集「ブリリアンス」効果は?

明るい部分と暗い部分の差が大きい写真に効果があるので、

この写真で試してみます。

 

晴天の日はこのように影ががっつり黒くでます。

「ブリリアンス」をかけてみます。

 

 

(写真左)「ブリリアンス」を下げると

暗い部分は更に暗く、一番明るい部分を更に明るく、されています。

子供の右手の袖を見るとよく分かります。

(写真右)「ブリリアンス」を上げると

暗い部分は明るく、一番明るい部分を暗く、写真全体の明るさが均一になっており、なおかつコントラストが上がっています。

子供の右手の袖、一番明るい部分で白飛びしていた汚れが「ブリリアンス」を上げることで、浮き出ています。

影で暗くなっていたところは明るくなり、白くなりました。

コントラストも上がっているので、上着の毛並みも浮かび上がりました。

 

iPhone写真編集「ブリリアンス」活用2例 ワンちゃんと景色

 

毛が白いワンちゃん。

 

分かりやすくするためブリリアンスを100にあげました。

暗い部分を明るく、一番明るい部分を暗くされて、コントラストがあがったため、

毛並みの描写が残りつつ、ワンちゃんがフワッと明るい印象に。

 

次はプールの水と空。

 

分かりやすくするためブリリアンスを100にあげました。

暗い部分(プールの水)を明るく、一番明るい部分(空の雲)を暗くなりました。

プールと空の明るさが均一化され、プールと空に一体感がある印象に。

コントラストも上がっているので、

水しぶきの勢いの表現も増しています。

 

iPhone 写真編集「ブリリアンス」使い方 まとめ

「ブリリアンス」は、

暗い部分を明るく、一番明るい部分を暗くすることで、写真全体の明るさを均等化し、

コントラストを追加します。

 

撮影した写真を明るい部分を暗く、暗い部分を明るくしたい! という時に触ってみましょう。

同時にコントラストも高くなるので、仕上がりを見ながら調整します。

 

スマホの写真編集はとても簡単にできるようになりました。

いろいろ触りながら、自分の好みを覚えていくのがオススメです。

小坂ひとみに撮影してもいませんか?

写真・撮影に関する困りごとありませんか

女性プロカメラマン小坂仁都美の出張撮影、広告撮影、講師依頼、執筆、監修依頼等、ご相談ください。

-写真

Copyright© Hitomi Kosaka Photograph , 2021 All Rights Reserved.