フィリピン 子連れバックパッカー

知らないと失敗する!ボホールビーチクラブへのアクセス&ホテル予約方法【子連れでフィリピン】

更新日:

フィリピンをこよなく愛する3姉妹(8歳5歳1歳)の母、子連れバックパッカー。

最高に美しいビーチ ボホールビーチクラブ

 

前回の記事で家族5人3泊ボホールビーチクラブ滞在記を書きました。

1.5kmのホワイトサンドビーチを素足で全身で体感して欲しい!

 

 

エンターテイメントも盛りだくさんのボホールビーチクラブ。

日本人スタッフも常駐しているので、家族で海外旅行初心者にもオススメ!!

 

この記事ではボホール島旅行4度目の私が紹介する、

ボホールビーチクラブへの最適なアクセス方法と

最安値を探して予約する方法を紹介します。

 

 

アクセス

ボホールビーチクラブがある小さな島、パングラオ島へは

ボホール島を経由して行きます。

赤ピンが立っている島がボホール島。

日本からボホール島への直通便はありません。

マニラ経由でボホール島のタグビララン空港に向かいます。

 

赤いピンが立っているのがパングラオ島。

ボホールのタグビララン空港から車で30分程度。

 

日本からのアクセス方法は、マニラ経由でボホール島へ飛ぶのがオススメです。

セブ島からフェリー(2時間)で行く方法もあるのですが、セブの渋滞が年々ひどくなっているので、セブ国際空港からセブ港までの移動が渋滞にハマるとフェリーの時間に間に合いませんT T

私はセブ空港からセブ港まで10キロの距離を渋滞で2時間以上かかり、予定していたフェリーに乗り遅れたことがあります!

ボホール島へのフェリーはたくさん便があるのですが、

セブ島のひどい渋滞は、ストレスです!朝、夕方は特に注意!

セブ島に用がなければボホール島に飛んでしまうのがいいです!

セブからのフェリーの乗り心地も良くないです。

子供が酔って吐いたことがあります。

 

タグビララン空港からボホールビーチクラブまでは、ホテルの送迎サービスを利用するか、トライシクルかバンを捕まえて、値段交渉をしましょう。

トライシクルは500ペソでした。

ローカル交通手段。トライシクル。

開放的な乗り物で、子供も喜びます。

 

タグビララン空港にはキッズスペースがありました!

帰りに利用しました^^

小さな空港なので、キッズスペースがあるとすごく助かる!

 

ボホールビーチクラブの予約方法

家族5人で宿泊予約サイトで検索すると、割と「予約可能な部屋が見つかりません」と検索エラーが出てきます。

Booking.com が子供の数も制限がなく、年齢も入れれて、検索機能が優秀!

他のサイトだと見つからないけど、Booking.comは二部屋で提案してくれたり、ファミリールームを検索してくれます。

 

私はBooking.com(他サイトとの最安値保証しています)で検索し、ホテルの自社サイトで同じ条件で価格比較します。

同じ条件で他社サイトでも検索をかけましたが、Booking.comが最安値でした。

Booking.comの最安値保証。Booking.comサイトより

 

今回はボホールビーチクラブのサイトから直接予約する方が安かったので、サイトから直接予約しました。

https://www.boholbeachclub.com.ph

 

自社サイトよりもBooking.com経由で予約するf方が安い場合もあります。

友達紹介リンクから予約すると2,000円プレゼントがあります。

Booking.com友達紹介リンク

 

ボホールビーチクラブ アクセスと予約方法まとめ

ザ!南国 リゾート。

日本ではセブ島が有名ですが、セブ島はちょっと街中がゴミゴミしています。

それはそれで味なのですが。

ボホール島は落ち着いた、穏やかな島です。

渋滞もない。

日本からは直通便がない分、日本人旅行者も少ない。

中国人、韓国人が増えましたが、ヨーロッパからの旅行者も多く、多国籍。

オススメですっ!!!

 

日本からのアクセスはマニラ経由でボホール島へ飛んでしまうのがいいです。

セブ経由のフェリー利用は要注意!渋滞&船酔いのリスク有り。

ボホールビーチホテルの予約はBooking.comで検索して、ホテルの自社サイトの価格と比較!しましょう。

 

家族で海外旅行。

フィリピン、ボホール島は穴場!?

楽しい観光名所もあるので、アクティブにも楽しめます!

 

ボホール島でアドベンチャーパークやターシャに出会った1日はまた次の記事で^^

小坂ひとみに撮影してもいませんか?

写真・撮影に関する困りごとありませんか

女性プロカメラマン小坂仁都美の出張撮影、広告撮影、講師依頼、執筆、監修依頼等、ご相談ください。

-フィリピン, 子連れバックパッカー

Copyright© Family History Photo , 2018 All Rights Reserved.