日々のこと 狛江子育て

狛江プレーパークの居心地のよさ。緑の中ののびのび遊び場

更新日:

狛江にも念願のプレーパークが開設されました。

毎日ではないので、行く前は注意が必要ですが、週末のどちらかは開いているようです^^

緑生い茂る西河原公園内でのプレーパーク

 

"「子どもたちが自由にのびのびと外遊びができる場が必要だ」と思う狛江のお父さん、お母さんが集まり、常設型プレーパーク実現のために『狛江にプレーパークをつくる会』を設立しました。そして、平成28年2月29日に『狛江市 プレーパーク事業』として、狛江市西河原公園の一角に常設型プレーパークがオープンしました。"

狛江プレーパークホームページより引用

 

私はプレーパークの考えに共感していたので、狛江に常設されて、とても嬉しく思っている一人です。

 

プレーパークは「自分の責任で自由に遊ぶ」ことができるところ。

 

 

子供が遊んでいる時に「危ないからダメ!!」「それはダメ!!」「それはやめて!!」とかあまり言いたく無い。

プレーパークは子供が自由に遊んでいいから、私も楽。

思う存分遊べばいい、と思う。

危ないからこそ面白いし、ワクワクドキドキするし、成長する。失敗もすればいい。

気がすむまで、泥にまみれてみればいい

 

狛江のプレーパーク、そんな風に思っている方におすすめです^^

 

狛江プレーパーク どんな感じ!? レポート

 

森っぽい‥

 

西河原公園、

敷地約14,000平方メートル!!!

自然たっぷり、木が生い茂っていて、鬱蒼としています。。。

だから、ここにプレーパークができて、子供が集まって明るい雰囲気になってよかったと思っています。笑

 

かわいい荷物置き場があります

ここでお弁当食べたりできます。向こう側が多摩川の土手です。

トイレや洗い場、あります。

洗濯板も。笑

 

どーぞのそーこ は こどものほーこ(宝庫)笑

ターザンロープはだいたいいつもあるかな

ロープのブランコ

難しい卓球台

ままごとコーナー

ドロドロコーナー

黒板コーナー

夏は水遊びコーナー

ハンモックコーナー

モンキーロープコーナー

 

 

プレーパークのすぐ隣は池。

三姉妹 力を合わせて水生物を捕まえます。

捕まったカエルは死んだふり。。どーぞのそーこから借りたバケツ(!?)

三女はこの車が気に入ったよう。

不良乗り

 

この他にもベーゴマのおじちゃんがいたり、のこぎり等の道具使って工作ができるスペース、

なんかがあります。

全ていつでもある!という訳ではありません。その時々、あるものもないものも。

 

イベントもちょくちょくやっているみたいです^^

 

プレーパーク必須アイテム

 

私がプレーパークに持っていくもの。

 

・帰り道用の着替え(下着も靴も全部) どれだけ汚しても、濡らしてもいいように。

 

・タオル 自由にさせてると、よく濡れます。

 

・お弁当 自動販売機は公園内にありますが、食べ物を買える場所はちょっと遠いかな!?

「早く帰ろう」と言いたく無いのでお弁当持参。

 

・水筒 水分補給忘れずに。

 

・絆創膏 ケガした時のおまじない。。

 

 

プレーパークは私一人で子供を連れて、親子水入らずで行くことが多いです。

「ダメダメ」「危ない」「そろそろ帰ろう」とか言われるのが私が嫌だから。。

プレーパークでは子供のペースで自由に好きに思う存分遊んでほしいなと思ってます。

 

他の公園では大人にとめられる、引かれる、、、ようなことも、

プレーパークでは大丈夫!木登りだって!のこぎりだって!泥だらけだって!

「自分の責任で自由に遊べる場所」です。

小坂ひとみに撮影してもいませんか?

写真・撮影に関する困りごとありませんか

女性プロカメラマン小坂仁都美の出張撮影、広告撮影、講師依頼、執筆、監修依頼等、ご相談ください。

-日々のこと, 狛江子育て

Copyright© Family History Photo , 2018 All Rights Reserved.