撮影会情報

☆フォトアートワークショップのお知らせ☆
お絵かき×子供写真 人気デザイナーがデザインする一生モノ「とことこアート」イベント最新情報。

続きを見る

日々のこと 狛江子育て

アクアパークお出かけ前に必読。まさかこんなに濡れるとは!!

更新日:

暑い!!!ですね〜

暑い日の子連れのおでかけ、、、修行のようですよね。

猛暑にオススメスポット!行ってきました!

アクアパーク品川

 

涼しいところといえば、水族館。

水族館の中でも今回は、マクセル アクアパーク品川に行ってきました。

三姉妹(8歳、5歳、1歳)と私。

みーーーんな大満足!

楽しい思い出が出来ました^^

 

オススメポイントは

  1. イルカショーでびしょ濡れバンザイ!最前列で楽しもう
  2. 最先端技術で芸術的!アートな水族館
  3. 涼しい〜

注意ポイントは

  1. びしょ濡れ前提で準備を!着替え一式持参
  2. イベントを事前チェック!ショーやふれあいイベント等、盛りだくさん
  3. 館内は軽食のみ!がっつり食べるのは館外で

私は知人に「すっごい濡れる!」と聞いていたので、カッパ、着替え一式持参で行きました!

が、想像以上にビッショビッショに。笑

狛江からは電車乗り継ぎで大変でしたが、最先端のエンターテイメント!?
行って大満足でした^^

 

音と光と映像の最先端技術!アートな水族館

 

こんな幻想的な金魚の水槽初めて!

 

品川駅(高輪口)から徒歩約2分。品川プリンスホテル内にあります。

ネット上では徒歩2分となっていますが、改札出てからベビーカーの子連れで10分くらいはかかりました--;;

駐車場は30分 / 500円、、、なので、車は断念しました。

 

館内にはフードがあまり無い、とネット調べであったので、

駅からアクアパークに向かう道中にあった、品川プリンスホテルのフードコート品川キッチンで腹ごしらえしました。

ここは広いし空いていました!

京うどん 夢吟坊 梅わかめうどん ¥720

プリンスホテル内ですが、リーズナブルな食事もありました。

子供イス、あります。「あい!」と手でうどんをくれる三女1歳。

 

ビルばかりで水族館があるとは思えない風景!アクアパーク前

 

入り口 美術館みたい

入場券は高い印象。都心価格です。

季節で展示やイベントが変わるので、年間パスポートを勧めるアナウンスが流れていました。

2回行くなら年間パスポートの方がお得です。

 

入るなりテンション上がる演出 花火、していました。

足元も!

アトラクションのポートオブパイレーツ 500円

 

三女1歳は急に暗くなって、音も大きかったからか、怖がり、入場するなり泣いてしまいました。。

 

入って進むと魅惑のメリーゴーランドが!!

別途500円なので、素通りしたかったのですが、、

次女の強い要望により、乗りました。

ラッコに乗りました。

三女1歳は怖がって乗れず。。

私が抱っこしたままでした。

 

世界初!だそう、タッチパネルを搭載した水槽に興味深々

金魚と花火の融合展示!綺麗でした!!

かわいい癒しの金魚がたくさん

花火と金魚 インスタ映え!?

今度は傘と花火!!

カフェ ドリンクやソフトクリームが販売されています

子供達は展示に夢中で、予想に反してソフトクリームには惹かれていませんでした。

 

昼間ということを忘れる館内。

こういう水槽みながらドリンク飲めます。

大人だけだと、アルコールもあるので、ここでゆっくりしたい感じです。

くらげの水槽を、音と光で演出!

ジェリーフィッシュランブル、という空間。

ジェリーフィッシュは「くらげ」

ランブルは「だらだらといつまでも続く」by Weblio

幻想的な空間で、私も子供達も大興奮でした。

 

光がころころ変わって、くらげの見た目も変化します。

 

一歳児も不思議そうに観てました。

 

綺麗。大人も子供も張り付いて観ていました。

水槽を挟んでハイチーズ

 

幻想的で写真を撮るのがとても楽しかったです。

何時間でもいられそう。。

 

イルカショーを待つ間、アイス休憩。アイスの自動販売機がありました。

待っている間もイルカがスイスイ泳いでいるのを間近で観られます。光が水中に入って綺麗〜。

そろそろショーが始まります。近い!!最前列。

「前列はかなり濡れます。」と何度もひつこくアナウンスされます。 ポップコーンは売店で400円

私は知人に「めちゃくちゃ濡れる!びしょ濡れ!」と聞いていたので、

皆のカッパと、子供3人分の全身の着替え持参です。下着も全部。

カバンがすっぽり入る大きなビニール袋も持参しました。

靴はビーサン!

ビニールの簡易カッパは100円で販売されています。

 

子供達はビショビショになりたくて行ったので、最前列、正面でショーに挑みました。

次女は本人の希望により、カッパ無し><

三女はカッパを嫌がり、カッパ無し><

 

ショーの間は水がかからないようにカメラ、携帯はしまっていましたが、唯一、怯えながら撮ったブレブレ写真。この直後、ザブンと水が。。

 

なんせ、水槽が近いので、水圧も水量もすごかったです。

三女1歳は最初にドバッとかかった時点で、びっくりして泣きました^^;;

後ろの列の子供は終始泣きっぱなしでした^^;;

 

ショー終了後、大喜びの次女と放心気味の三女と長女

見ての通り、全身ずぶ濡れです。

何度もバシャバシャ海水を浴びました。。想像以上でした。。

今までいろんな水族館でイルカショーを観ましたが、初めて。

都心でスペースが限られている中、それを逆手にとってお客さんを楽しませる!!

エンターテイメントでした。笑

しっかりしたタオルを配ってくれました。「風邪をひかないように」というアナウンス。拭いたら返却します。

 

アシカショー こちらはほのぼの

三女もまじまじと観てました。

長女次女は大ウケ

このアシカさんの特技は「ニー」の顔

 

 

屋外で暑いのですが、木陰の部分があるのと、ミストが上から出てました。

長さ20メートルの水中トンネル「ワンダーチューブ」

次女の目線の先には「ドワーフソーフィッシュ」おばけみたい

 

天気が良かったので、太陽の光でより綺麗でした。

様々な種類の魚、マンタ、エイ、が泳いでいます。

 

アクアジャングル ここは三女はちょっと怖がっていました^^;;

「世界のジャングルシーンを凝縮したゾーン」だそう。

ヤドクガエル。。皮膚に毒を持っている毒蛙。。けっこう衝撃的でした。

 

 

ペンギンショーの時間になったので、ペンギンショーへ。

こちらもほのぼの

二匹のペンギンが障害物競争をする内容でした。

人数限定でペンギンと記念撮影できます。整理券は早い者勝ち。

ペンギンの真横に立ってカメラマンに写真を撮ってもらえます。

写真は購入できるのですが、この写真は購入せず。

 

入場した時に撮影してもらった写真を購入しました。

左が無料でもらえるLサイズの写真。右が購入する2Lサイズの写真と台紙。

1200円で2L写真、台紙、データダウンロード可能。

台紙にきっちり写真がはまらないので、それが残念。

もう一工夫でもっとよくなるのに、もったいない!

ちょっと、、けっこう中途半端な台紙です^^;;

無料でもらえる写真も残念な感じです。

水族館がハイテクなので、写真サービスもハイテクにできそうなのに。。

 

ですが、、子供と自分の写真はなかなか撮らないので、

スタッフの方数名で、ちゃんと子供の目線を誘導して撮っていただいて、感謝です!

子連れでアクアパーク 行く前に注意、準備しておくべきこと!

 

  1. 着替え一式持参!
    イルカショーはずぶ濡れ覚悟が楽しめる!暑い夏!!にはずぶ濡れになりましょう。
    子供も大人もキャーキャー楽しいです。
    でも、濡れた後が不安だと楽しめないので、着替え一式持参をオススメします!
    靴はサンダル!
    カバンや持ち物をいれる大きなビニール袋も忘れずに!
    ちなみに私はスニーカーを履いていたので、ショーの間は靴をビニール袋に入れて、裸足で観ました--;;
  2. イベントプログラムを事前チェックすることで数倍楽しめそう!
    私は相変わらずの無計画で行ったので、見逃した「フィーディングタイム」や「ふれあいプラン」があります。イルカショーも季節によりプログラムが違いますし、デイバージョンとナイトバージョンで演目も違います。両方みるなら、午後から入館しないと子供の体力がもたない。
  3. 食いしん坊家族は周辺の食事処要チェック!
    アクアパーク内は軽食はありますが、しっかりした食事ができるところはありません。
    再入場できますが、移動を少なくしたい小さな子連れだと、ちょっと早いランチをして入館するのがオススメです。
    うちは長女、三女が大食いなので、、、昼食とってから入館しました。
  4. 涼しくて快適ですが、けっこう疲れます--;;
    みどころ満載のエンターテイメントの嵐で、水族館ながら、けっこう疲れます。
    帰りが電車移動なので、その辺りも考慮して、余力を残してアクアパークを出ればよかったです。子供がテンション上がっているので、なかなかそれができないのですが。。
    帰り道、次女が「もう歩けない」と座り込み。。次女をおんぶして品川駅に向かいましたT T

マクセル アクアパーク品川

 

「アクアパーク品川は、人に寄り添い、最先端技術で人に驚きと感動を届ける。

世界中からお越しいただき、さらに多くの方がに愛されるTOKYO最先端エンターテイメントをめざします。」アクアパーク品川ホームページより引用

 

だそうです。今後にも期待。

 

是非、猛暑の夏、家族で行ってみてほしいです^^

外国から友達が来た時にも案内してあげたいなぁ、とも思いました!

 

 

 

 

小坂ひとみに撮影してもいませんか?

写真・撮影に関する困りごとありませんか

女性プロカメラマン小坂仁都美の出張撮影、広告撮影、講師依頼、執筆、監修依頼等、ご相談ください。

-日々のこと, 狛江子育て
-, , ,

Copyright© Family History Photo , 2018 All Rights Reserved.