カメラマンの小坂です。

 

だいぶ、だいぶ、ブログが空いてしまいました。

が、撮影に講師に、元気にしていました。

 

 

 

今日、打ち合わせでした。

 

初めてお会いする女性と打ち合わせで、

様々雑談もしてると、

「きっと小坂さんのこれまで乗り越えてきたこと、聞いたら励まされる人がたくさんいると思う。」

なんて、おっしゃっていただき、

真に受けて、ww

 

ブログで書き綴っていこうと思ったしだいです。

 

 

でも、、、どこから何を書けばいいのやら、、

 

なので、今の思いを。

 

 

 

最近読んだ本に印象的な文がありました。

本は

「私は命がけであなたを産みました」内田美智子著

 

 

その中で、ハッとした文。

著者の助産師の内田さんは3人のお子さんがいて、もう大きくなっています。

 

「3人3様、子育てが楽しい日々です。いま、もし、どこかの時点に戻ってまた経験できるとしたら、迷わず末っ子の長男に授乳していたころに戻ってみたいです。夫と三人の子どもがすべてそばにいて、あの幼い子供達の柔肌にふれることを、もう一回経験してみたいです。親ってそんなものです。」

 

 

 

内田さんの、戻りたいどこかの時点は、今の私の時点。

 

 

今の私は、3人の幼い子どもで、毎日バタバタ、大変なんだけど、同時にこの上なく幸福を感じる。

「夫と三人の子どもがすべてそばにいる」

子ども三人が屈託のない笑顔を見せてくれる。

 

三女が笑えば、みんなが笑う。

 

 

もっと歳を重ねた時、どうしようもなく愛おしくなるのは、「今」、なのかもしれない。

 

IMG_6164r

 

 

三女がお腹にいると分かった時、正直、嬉しいよりも、不安の方が大きかった。(三女、、ごめんなさい)

二人でもこんなに大変なのに、もう一人!?って。(三女、、ごめん)

また仕事中断!?って。(ごめん。。)

 

 

そう思ってしまう、自分が嫌で。

誰にも言えなくて、辛かった。

 

 

口に出して言うと、最低な母親、人間で、赤ちゃんがどっか行ってしまうのじゃないか、って。

 

 

このままじゃいけない、って思って、

8ヶ月くらいの時に、旦那さんに声にならないくらい泣きながら、

「喜べない」

って、口に出した。。。

 

 

今思えば、なんというか、大切なコトを見失っていた。

「自分」しか見えてなかったのかな!?

何も見えてなかったのかな?

どこを見てたのかな?

 

 

三女はそんな私に「ちょっと止まって!」ってメッセージ送ってきた気がする。

勝手な受け取りだけど。ww

 

家族を見て! って。T T

自分の足元みて! って。。

 

 

三女が我が家にきて、赤ちゃんはやっぱり大変なんだけど、

すんごく大きな幸せ運んで来てくれた。

三女がきて、家族がまーるくなった。

 

 

三女の成長をみんなで喜ぶ「今」が、すごく幸せ。

三女が立ったら家族みんなで手を叩いて喜んで、それをみた三女がまたキャッキャと笑う。

 

 

なんだか、幸せ自慢みたいになってしまったけど。

 

まさに今、以前の私と同じように悩んでいる人もいるかもしれない。

私はこうだったよ。

ジェットコースターのような感情の起伏を経て、、今幸せがある。

 

将来、「今」を後悔しないように、思う存分、三姉妹にベタベタ、ブチュブチュ、しておこうと思います。